院長の横顔

院長 源川雄介の経歴

新潟市民病院より昭和61年1月4日に木戸病院へ赴任しました。
当時、木戸病院は3期工事中の最中であり、産婦人科はまだ存在
せず、4月1日産婦人科開設に向けての赴任でした。大小の病院
が集まる県都の新設の産婦人科として特徴を出すために当時は大
学病院以外になかった不妊外来を新設し、不妊原因検査のための
腹腔鏡を導入しました。

平成元年には、大学病院と協調してパーコール法・swim up法を用
いた人工受精に取り組み、大きな成果をあげることができました。
平成3年には新潟県で3施設目の体外受精〜胚移植に成功し、平成
4年には木戸病院最初の体外受精児の誕生を職員みんなでお祝いし
ました。腹腔鏡手術も400例を数え、多くの患者さんがお子さん
に恵まれることができました。少子化で分娩数が減少する病院が多
い中で、年間400〜500件の分娩数を維持できているのは、不
妊治療で妊娠成立した妊婦さんが遠くから通院していただいてる事
によると考えています。

略歴
昭和49年4月新潟大学医学部産婦人科学教室入局
昭和59年4月新潟市民病院産婦人科医長
昭和61年1月木戸病院産婦人科  初代医長
平成 2年4月木戸病院産婦人科部長
平成 6年4月新潟大学医学部付属病院非常勤講師牽引
平成 8年4月日本産婦人科学会新潟地方部部会理事牽引
平成11年4月木戸病院診療部長・産婦人科部長・医局長兼任
現在に至る。
ホーム